キャッシングで本人確認に必要な書類等

キャッシングは契約の仕方によって必要書類の準備の仕方が違います。比較的利用者の多いウェブでの契約を希望される方は、本人確認書類と収入証明書類を、スキャナや携帯電話のカメラなどでが増加したものを所定のところへ送信します。もちろん書類は有効期限内のものでなければなりません。

ここでいう本人確認書類とは運転免許証、パスポートまたは健康保険証に住民票を併せたものになります。また収入証明書類は希望する借入額が50万円を超える方や、他社との借入額が合計で100万円を超える方が必要になります。

源泉徴収票や確定申告書、給与明細書などが該当します。これらのいずれか一点を送信する必要があります。また、郵送にて契約されるケースもありますが、この場合は本人確認書類や収入証明書類のコピーを準備して郵送すれば大丈夫です。人によってはいわゆる店頭窓口や、自動契約機などを利用して契約される方もいますが、その場合は書類を直接持参する必要があります。

なお、これらにおける注意点として、マイナンバーが記載されている本人確認書類や収入証明書類を提出するときは、マイナンバーの個所を見えないように加工を行ったうえで提出するようにしましょう。