キャッシングの限度額は信用度で変化

キャッシングとは、個人の信用をもとにお金を貸し付けするというサービスです。この場合の信用とは、職および収入の安定性を意味します。したがって、公務員や経営が安定している企業の正社員、そして継続的に高収入を得ている人ほど、有利にキャッシングができると言えます。つまり、多くのお金を低金利で借り入れできるということです。

しかし信用度は、利用と返済の回数を増やすことでもアップしていきます。これにより、派遣社員やアルバイトで生計を立てている人でも、徐々に信用度を高めていき、より有利にキャッシングをすることが可能となるのです。たとえば最初は借り入れ限度額が10~20万円ほどだったとしても、それが30万円、50万円といった具合で段階的にアップしていきます。

もちろん、転職によって社会的な立場が向上した場合や、昇給などにより収入がアップした場合でも、信用度が高まります。それによっては、100万円以上の借り入れも夢ではなくなりますし、さらにその場合は金利も下がります。たとえそれまで18.0%の金利だったとしても、借り入れ金額が100万円以上となれば、15.0%以下に引き下げられるのです。

信用度は、退職や返済遅延などがない限りは下がりません。そのためキャッシングの正常な利用を続けている限りは、基本的には上がる一方となります。